顔汗 止める 方法

顔汗の原因の1つ、自律神経の乱れとは

顔汗と一口に言っても、いろんな原因が考えられますが、多くの場合は単純に暑いから汗をかいているということではありません。特に最近多いのは、自律神経の乱れによる顔汗だと言われていますが、仕組みをわかってコントロールすることで、ある程度調整することが可能です。

 

自律神経とは

私たちが生きている中で自然とやっている、呼吸や体温、食物を消化する内臓器官や血液の流れなど、意識しなくても自動で調整し、体の恒常性を保ってくれる神経です。この神経が体の様々な部位をコントロールしてくれています。

 

自律神経が乱れるとは

この自律神経の乱れが顔汗の原因であるということですが、どういうことでしょうか。

 

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」のふたつに大別されます。交感神経は、私たちの体を活発にさせるための神経で、血圧や体温を上げたり、興奮させるためのホルモンを盛んに分泌させるように働きかけます。発汗も交感神経の働きによって起こる現象です。

 

 

一方の副交感神経は、私たちの体を休ませ、回復させるために働き、血圧を落ち着けたり、消化器官での消化・代謝を促したり、気持ちをリラックスさせたり成長するためのホルモンを分泌させます。

 

役割を見てもわかる通り、どちらかだけでは人間は正常に活動できないので、この二つの自律神経が交互に優位となってバランスを取りながら、人間の生命活動を陰で支えています。「自律神経が乱れる」というのは、この二つのバランスが崩れることを言います。

 

特に近年、ストレスや疲れなどから、交感神経が優位になる時間が長く、なかなか副交感神経が優位にできないという人が増えているのです。

 

 

自律神経がさらに乱れると・・・

自律神経は上記の通り、私たちの生命活動の上で大きな役割を果たしています。自律神経が乱れたときの症状は個人差がありますが、その数は数百に登ると言われ、顔汗や手汗といった異常な発汗もそのひとつの症状です。

 

他にも、呼吸困難や不眠症、慢性疲労、冷え、便秘や下痢など、全身のいろんな器官で不調が生じるようになります。

 

 

顔汗が異常に多いと感じる時には、この自律神経の異常があることが多く、たとえば人前で何かしなければならないとき、緊張して顔汗が出る、この度合いがひどい場合は交感神経が強く働いている状態です。

 

リラックスさせる副交感神経の働きが弱くなっているため、なかなか汗が引かなかったり、呼吸や鼓動が速くなっているはずです。こうした傾向のある人は、自律神経のバランスを取るために、意識してリラックスするようにすると良いでしょう。

 

 

なるべくストレスを溜め込まない、人目を意識しないで済むようにする、緊張しないように物事は準備をしっかりしておく、早寝早起きをする、などなど、副交感神経をより刺激できるようにすることが大切です。

 

深呼吸をすると落ち着くというのは気のせいではなく、息を吐く行為は副交感神経を刺激する作用があるので落ち着きを感じるのです。
呼吸は副交感神経を意図的に刺激できる数少ない方法ですから、困ったときは大きく息を吐いて心を落ち着けるように努力しましょう。

 

⇒【顔汗対策お役立ち情報】一覧に戻る

関連ページ

更年期障害と顔汗の関係とは
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。