顔汗 止める 方法

更年期障害と顔汗の関係とは

女性にとって顔汗は、ベタついて気持ちが悪い上、化粧崩れの原因になるので、非常に気になるものです。

 

この顔汗は老若男女問わず出るものではありますが、特に更年期にさしかかった女性たちに更年期障害として急な発汗が見られ、ホットフラッシュなどと呼ばれる独特な症状として認識されています。

 

 

更年期障害とは

そもそも更年期障害というのは、女性が閉経する更年期にさしかかると、それに付随して起こる様々な不調症状全般を指すもので、症状には肉体的なものも精神的なものも見られます。

 

更年期になると、卵巣の機能が低下するため、女性ホルモンのひとつ、エストロゲンの分泌量が低下しホルモンバランスが崩れます。それが自律神経に影響を及ぼし、心身の多くの異常を引き起こすのです。

 

 

更年期障害と顔汗の関係

さて、更年期障害と顔汗との関係ですが、まさにこのホルモンバランスの異常から、発汗機能に異常が生じることで起こります。

 

先述のホットフラッシュですが、これは首から上が突然熱を帯びてきて、汗が急激に噴出して止まらなくなる状態のことを言います。これは暑さが原因ではないので、涼しくしても拭いてもなかなか止まりません。

 

 

また、更年期にさしかかると、精神的なイライラやストレスが募り、些事に対しても敏感(神経質)になる人もよく見られます。

 

こういう状態の時はストレス耐性が低下していて、精神性発汗が起こりやすく、何かの機会に急激に汗が流れ落ちるということも少なくないようです。一度汗が出ると、それが恥ずかしく感じてもっと汗が出るという悪循環も。

 

 

更年期障害の顔汗対策は?

更年期に伴う顔汗の対策は、原因が女性ホルモンの減少ですから、この不足した女性ホルモンを補うことができれば一番です。

 

とはいえ、加齢で女性ホルモンの生成が減っている状態ですし、そもそも一生の中で作られるホルモン量は決まっているという話もあります。

 

 

ですから、体内からではなく、対外から女性ホルモンを補う方法を取ります。医療機関ではホルモン注射が行われたり、ピルなどが処方されて、女性ホルモンの量をコントロールするようにして対処が行われています。

 

この方法はホルモンバランスを崩してしまう危険性もありますから、素人が勝手に行うのではなく、専門家に判断・施術をお願いしましょう。

 

 

また、女性ホルモンそのものではないですが、似たような働きをするホルモン様物質というものがあり、そのひとつが大豆イソフラボンです。

 

大豆イソフラボンはその化学的性質がエストロゲンと酷似しており、女性ホルモンと同様の働きを体内で行ってくれるとされています。そのため、更年期によって起こる様々な不調を緩和させる効果が期待されています。

 

ホルモンの他の対策としては、生活習慣の改善や漢方薬、鍼治療などもありますが、やはり直接的な原因であるホルモン対策をしてこそ、困った顔汗やホットフラッシュを抑える効果が高いと考えられます。

 

 

⇒【顔汗対策お役立ち情報】一覧に戻る

関連ページ

顔汗の原因の1つ、自律神経の乱れとは
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。