顔汗 止める 方法

顔汗を止めるボトックス注射とは

顔汗を医療機関で治療しようと考えた際に、選択肢のひとつとして出てくるのが、「ボトックス注射」と呼ばれる治療方法。

 

このボトックス注射は、美容整形ではシワ対策として使われるケースも多く、これがどうして顔汗に使われるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。ボトックス注射と顔汗の関係についてお話したいと思います。

 

 

ボトックス注射とは何か

ボトックス注射というのは、ボツリヌス菌と呼ばれる菌を作る、「A型ボツリヌス毒素」を成分として注入する施術方法です。このボツリヌス菌は食中毒の原因にもなるといわれている菌です。

 

どうして毒素や危険な菌をあえて注入するのかと思いますが、ここで使われるものは毒性を取り除き、害が出ないように調整されたもので、注入量も精密に考えられて使われますので、人体への悪影響の心配は無用です。

 

 

ボトックス注射によってどういう効果があるかと言うと、神経の末端から分泌される神経伝達物質である「アセチルコリン」の分泌を抑え、筋肉の動きを麻痺させます。

 

シワ取りに使われるのは、表情の筋肉を麻痺させることによって、顔の表面のシワを作らせないようにするために使われています。

 

 

ボトックス注射と顔汗の関係

では、どうしてこれが顔汗対策に使われているのかというと、アセチルコリンには発汗を促す作用があるために、これを抑制することによって、アセチルコリンが汗腺を刺激できないようにする効果があるからです。

 

ボトックス注射の利点は、汗腺を刺激するアセチルコリンを止めるため、確実な効果が見込めることと、局所的な効果を発揮することができることです。顔の場合は、額からの汗を止めるために一般的には使われています。

 

 

ボトックス注射の副作用・注意点

ボトックス注射は基本的に安全な施術です。そして、効果は個人差があるものの、2〜3日もあればほぼ確実に汗は減り、半年ほどその効果が続いて、元に戻っていきます。

 

副作用にあたるものとしては、多くはありませんが、もともと筋肉を麻痺させる用途で使われているものですから、麻痺、けいれんといった症状が出ることがあるようです。

 

 

とはいえ、基本的に筋肉と汗腺では深さも違いますので、よほど難しい位置への注射が必要でない限りはほとんどないケースだそうです。
現在のところ、ボトックス注射は適用部位によって保険の適用範囲が変わります。顔汗についてはまだ適用されていないようですので、少し費用が高くつきます。定期的に通う必要があることを考えると、早く適用されてほしいですね。

 

 

⇒【顔汗対策お役立ち情報】一覧に戻る

関連ページ

漢方で止める顔の汗
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。
さらしを巻くと顔汗が止まる理由
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。
汗を異常にかく場合、最初に行く科は?
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。
顔汗を止める運動について
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。