顔汗 止める 方法

さらしを巻くと顔汗が止まる理由

テレビで見かける女優さんやモデルの人たちは、汗をかいていないように見えます。あれだけ強い照明を浴びながらも、夏場でも外でも化粧崩れなく、一日の撮影を乗り切ることができるのは汗をかかないからだ、きっと根本的に何か違うんだ、と思ってしまいがちです。

 

実はこうした人たちは、いろんな秘策を持っているものなのです。

 

 

舞妓さんは汗をかかない?

たとえば、舞妓さんや芸妓さんと呼ばれる人々がいます。舞妓さんと言えば、白塗りのお化粧をし、お客さんの前でお酌をしたり、歌って見せたり踊って見せたりすることがお仕事です。

 

そのお仕事は夏場も勿論ありますし、長時間にわたることも少なくありません。しかも年中、着物を着ているわけですから、暑くないわけがありません。

 

 

顔汗でお化粧が乱れるなら、大変なことになってしまうと思いませんか?実は舞妓さんたちは顔に汗をかかないように、きちんと対策をしているのです。最近では顔用の制汗剤なども使われているとのことですが、昔からの伝統的な方法が「さらし」です。

 

「芸者の高帯」という言葉があるのですが、これは帯の位置を高くしたり、脇の下や胸のあたりをさらしで強く圧迫することによって、着物のラインを美しくすると共に顔の汗を防ぐ効果があるのだそうです。

 

 

さらしを巻くと顔汗が止まる理由

では、どうしてさらしを巻くと顔汗が止まるのでしょうか。その理由は、人体の「皮膚圧反射」や「半側発汗」という仕組みにあります。皮膚圧反射というのは、体の一部が発汗しにくい状態にある時には、他の部分からその分も汗を排出するという仕組みです。

 

半側発汗というのは、上下左右のいずれかを圧迫することで、その圧迫した箇所の汗が抑えられ、その反対側で発汗が増えるというもの。これらの機能があるので、どんな局面でも体温調節ができるようになっています。

 

 

つまり、舞妓さんたちは、さらしをきつく巻くことによって、発汗場所を顔ではない別の部分にコントロールしているのです。

 

脇の下や胸の辺りを強く圧迫すると、特に上半身部分への血流が落ちるため、上半身部分の体温も低下し、汗をかきにくくなります。その分、皮膚圧反射や半側発汗によって下半身部分は汗をかきやすくなりそうです。

 

 

⇒顔汗を止める元の記事に戻る

 

関連ページ

顔汗を止めるボトックス注射とは
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。
漢方で止める顔の汗
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。
汗を異常にかく場合、最初に行く科は?
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。
顔汗を止める運動について
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。