顔汗 止める 方法

顔面多汗症の判断基準について

顔汗が非常に多く出てしまうときには、顔面多汗症かもしれません。これはひとつの病気であり、通常の汗かき体質というのとは違います。

 

病気、とはいっても顔汗が多くて困るということの他には特別な問題は無いのですが、生活の質を著しく下げたり、思わぬ危険を招く可能性がありますので、正確に診断して治療を受けることは重要なことであることは間違いありません。

 

 

局所多汗症の診断基準

顔面多汗症のように一部の部位において汗が大量に出る症状は「局所多汗症」と言い、日本皮膚科学会でも診断ガイドラインが定められているほど、専門家たちからも病気として認識されている症状です。

 

このガイドラインによれば、まず第一に、「原因不明の局所的な汗が出る状態が半年以上続いている」ことが診断の基礎です。

 

いくつかの要素が含まれていますが、

●原因不明
薬の副作用や運動後などの汗が出るべき場面でなく、という意味です。

 

●局所的な汗が出る
多汗症の中には何かの病気やホルモンバランスの影響によって、顔だけでなく全身が多汗症の症状を生じることがあり、局所多汗症とは区別されます。

 

●半年以上
一時的なものであれば経過観察でも十分に回復が見込めますが、半年以上に渡ってそのような症状があれば自然回復は難しいと考え治療に移行します。

 

ということが診られているということです。

 

そして、上記に加えて、以下項目のうち2つ以上に当てはまることで診断されます。

(1)両手のひら、両足の裏、両脇の下というように、左右対称に多汗症状が見られる
(2)多汗の症状が週に1回以上ある
(3)睡眠中は、異常な汗をかかない
(4)25歳以下のときから、多汗の症状がある
(5)家族や親戚にも多汗症の人がいる
(6)上記のことが原因で、日常生活に支障をきたしている

これに該当する場合、発汗検査を行って最終的に局所多汗症かどうか診断します。

 

 

多汗症のための検査

上記は問診による診断ですが、診断結果をより正確にするために、医師が症状を検査によって確認することになります。部位によって実施可能な検査が多少異なってきますが、基本的には発汗量を測定するという点では同じです。

 

●ヨード紙法
この方法は、発汗部位にヨード(ヨウ素)を吸収させた紙を触れさせて測定します。この髪が汗を吸収すると黒っぽい色に変色しますが、その変色の様子から視覚的にその症状の重さがわかりやすいのが特徴です。

 

●換気カプセル法
換気カプセル法は、発汗部分の皮膚に密閉できる小型カプセルを装着し、特殊なガスを入れて汗を蒸発させ、採取したガスの湿度から発汗量を測定します。

 

顔汗の場合はよほどでなければ日常生活に支障が出ないと思われますが、高速道路を長時間運転するような場合や高所での作業の際には、汗が目に入ったりすることで、思わぬ危険に遭遇するケースが考えられます。

 

問題になるケースは少ないものの、治療しておいて損はありません。

 

 

⇒【顔汗対策お役立ち情報】一覧に戻る

関連ページ

同じ汗でもニオイがする汗はどうして?
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。
必要以上の汗が出る顔面多汗症とは
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。
顔面多汗症は遺伝するの?
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。
顔汗に潜む病気とは
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。
顔汗が出る時のメイク術
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。