顔汗 止める 方法

顔汗に潜む病気とは

顔汗は気になるものですが、誰もが出るものですから特別なものではありません。とはいえ、あまりにもその量が多いときには少し考える必要があります。

 

これは、顔面多汗症という病気である可能性がありますし、場合によっては、もっと他の病気の影響で顔汗が出ている場合があるからです。

 

 

顔面多汗症による顔汗

体の一部分から汗が多く出て行く症状を「局所多汗症」と呼びますが、その中でも顔にその症状が出るときには「顔面多汗症」と言われることがあります。

 

顔面多汗症の原因は明確になっていないものの、交感神経が過敏になることで発汗を促していることが原因と考えられていて、遺伝による影響も断定はできないものの有力視されています。

 

顔から異常な量の汗が出る、ということ異常の問題はこの場合にはありませんが、顔だけでなく全身から汗が出る場合には、以下の病気を疑う必要があります。

 

 

自律神経失調症

自律神経の交感神経が汗腺を刺激して汗が出るようになっていますが、この仕組みがストレスや緊張、疲労状態が慢性化することで異常を起こすことがあり、

 

発汗だけでなく呼吸困難や体温異常、血流、血圧の悪化など、様々な箇所に異常が現れる状態を自律神経失調症と言います。自律神経失調症は、症状が一定ではなく様々に複合して起こるので、治療も簡単ではなく、時間がかかることが多いです。

 

 

糖尿病(糖尿病神経障害)

糖尿病と言えば血糖値が高い状態が続いている病気です。この状態が長期にわたって続くと、末梢神経に障害が起こり、「糖尿病神経障害」と呼ばれる症状が生じることがあります。これは発汗異常、立ちくらみ、下痢、便秘など、体に様々な症状が生じます。

 

 

甲状腺機能亢進症

また、甲状腺機能亢進症は、体の新陳代謝を活性化させる働きをしている「甲状腺ホルモン」が過剰に分泌されることによって起こる疾患の総称です。

 

その中でも特に「バセドー病」が有名になっています。症状はやはり様々に生じますが、全身の代謝が異常に高まるために、全身で多汗症状が起こる他、動悸や息切れ、食欲旺盛(だが痩せる)、イライラなど、心身の落ち着かない状態が続くようになります。

 

 

更年期障害

女性特有の症状で、加齢によって卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌量がが低下したことで全身のホルモンバランスが崩れ、自律神経に異常が生じて心身の不調が生じている状態です。

 

症状には個人差が強く見られますが、発汗や血管の収縮異常、イライラ、憂鬱、のぼせやほてりなどの多くの症状をもたらします。

 

 

その他

全身からの発汗でもなく、また局所的な発汗の中でも、片側からだけ発汗が異常に起こっている場合には、「大動脈瘤」や「縦隔腫瘍」が生じている可能性があります。

 

これらはいずれも交感神経を刺激して顔の発汗異常が起こします。発汗だけでなく、血液中や体内に異物ができている状態になりますので、放置が続くと別の問題を引き起こす可能性があります。

 

 

⇒【顔汗対策お役立ち情報】一覧に戻る

関連ページ

同じ汗でもニオイがする汗はどうして?
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。
必要以上の汗が出る顔面多汗症とは
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。
顔面多汗症の判断基準について
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。
顔面多汗症は遺伝するの?
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。
顔汗が出る時のメイク術
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。