顔汗 止める 方法

顔汗が出る時のメイク術

汗ばむ季節になってくると、心配なのが紫外線と顔汗によるメイク崩れ。紫外線は日焼け止めで何とかなりますが、日焼け止めまでも落とす顔汗は困り者です。顔汗対策をしながら、効果的にメイクをする方法をまとめてみました。

 

 

下準備は生活習慣から

顔汗が多くなる原因の多くは、生活習慣にあるそうです。汗をかきやすい食事の種類がありますし、また睡眠不足や運動不足は、発汗をコントロールする自律神経の異常を招き、イヤなベトベト汗を増やします。食事や睡眠に気をつけて、メイクのノリの良い肌の状態を維持しましょう。

 

 

メイク崩れを防止する小技

顔汗でメイク崩れが起こる前に、実は最初から崩れやすくなっていることもあります。たとえば、メイク時にすでに汗ばんでいる状態。このままメイクをしていくと、汗の層の上からメイクをするので、剥がれ落ちやすくなってしまいます。

 

同様に、産毛が残っている状態も化粧のノリをダウンさせてしまい、化粧下地やフェンデーションが浮いてしまってしっかり定着しません。

 

汗の処理、産毛の処理を事前に必ず行いましょう。とはいえ、夏季は汗は湧いて出てくるもの。こういう場合は首の後ろを冷やしてあげると顔汗が一時的に出にくくなります。また、脇の下を圧迫することで頭部の汗を抑制することもできます。

 

 

保湿が大切!

顔汗や皮脂がメイク崩れの元になりますが、暑くなくても出てきます。その理由のひとつは、乾燥です。汗や皮脂は、肌表面の角質の湿度を保つためにも出ているもので、これが無くなると肌は紫外線などの刺激で大ダメージを負ってしまいます。

 

ありがたくも迷惑な顔汗や皮脂を抑えるためにも、化粧水や美容液でしっかり保湿し、お肌の潤いを保ちましょう。

 

ひとつ注意として、保湿は大切ですが油分の多い乳液やクリームは、どうしてもメイクをベタつかせたり、メイクと混ざって落ちてしまいやすいので、つけ過ぎに注意し、そしてしっかり落ち着いてからメイクを始めましょう。

 

 

メイクは薄く、夏用を使う

ベースメイクの大事なポイントは厚塗りを避けて薄くまとめること。あれこれ隠したい場合はコンシーラーを使うようにしましょう。色ムラが気になる人は、色つきの化粧下地を使いなるべく薄く仕上げましょう。

 

厚く塗るほど崩れたときに目立ちますし、修繕も難しくなってしまいます。化粧崩れを防ぐためには、フェイスパウダーを有効に使いましょう。粒子の細かいパウダーは、皮脂や汗、ファンデの油分を吸収し、崩れにくくします。

 

 

ファンデーションは夏用のものがあり、汗に強くなっていますので、お気に入りのラインで夏用があれば迷わずそちらを利用するようにしましょう。

 

メイク崩れは下準備でほとんど決まりますから、普段の生活から改善し、より良い肌の状態と汗環境を作ることを意識することが大切です。

 

 

⇒【顔汗対策お役立ち情報】一覧に戻る

関連ページ

同じ汗でもニオイがする汗はどうして?
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。
必要以上の汗が出る顔面多汗症とは
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。
顔面多汗症の判断基準について
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。
顔面多汗症は遺伝するの?
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。
顔汗に潜む病気とは
顔汗を止める方法をお伝えします。絶対に顔汗を止めたい人以外は注意しましょう。Wの効果により驚く制汗効果。